GCtoday_web_back.jpg

Genitourinary Cancer Today 2022 No.3
ASCO-GU 2022:膀胱がん

膀胱がん

Bladder Cancer

更新日:2022年4月20日
dryuasa2.jpg
​監 修

公益財団法人がん研究会 有明病院 泌尿器科

化学療法担当部長 湯浅 健 先生

2022年2月に開催された米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU)2022より、膀胱がんの取材記事をお届けします。
各記事に監修医師のコメントを掲載しています。
#434
TROPHY-U-01試験コホート3:プラチナ製剤を含むレジメン後に進行した、転移性尿路上皮がん患者に対するSacituzumab Govitecan+ペムブロリズマブ併用療法の検討

Petros Grivas氏(University of Washington, USA)
#440
高悪性度の上部尿路上皮がん患者の術前化学療法として、ゲムシタビン+シスプラチンを検討した多施設前向き第Ⅱ相臨床試験の最終結果

Wesley Yip氏(Memorial Sloan Kettering Cancer Center, USA)
#531
進行性尿路上皮がんにおけるエンホルツマブ ベドチンへの反応性を予測するバイオマーカー

Tanya Jindal氏(University of California, USA)
Presentation 6
集学的治療による膀胱温存療法:新規治療薬の時代における毒性と機能的転帰

Sophia C. Kamran氏(Massachusetts General Hospital, USA)
▼他の記事を読む